資格必須が応募条件となる

女性

研修を受けることもある

秘書の求人は応募条件に秘書検定の資格を持っていることが必須ということがほとんどです。そのため、資格を持っていない人は応募できないことがあります。ただし、求人によっては未経験者でも無資格者でも応募可能ということもあるので、じっくりと応募条件を確認してみましょう。このような会社では、入社後、研修を受けることがあります。つまり、秘書としての知識や経験がないため、すぐに秘書として使えないからです。自社で研修を受けられるのなら、その方がいいかもしれません。研修を受け、実働しながら秘書検定を受けるという会社もあります。一方、最初から資格を持っており、秘書として勤務した経験もある人なら多くの企業は大歓迎でしょう。採用後すぐに様々な業務を任せられることがあります。もちろん、いくら秘書といっても会社によって業務内容は異なるものです。まずはその企業の仕組みや仕事の流れを把握するところから始めます。よって、仕事に慣れるまでは多少の時間がかかることでしょう。それから、職場によっては正社員雇用ではないところもあります。求人内容をしっかりチェックしてから応募しましょう。例えば、派遣社員や契約社員といった雇用形態のところもあるのです。もしくはパートとして働く場合もあります。このような求人では交代制となっていることが多く、勤務時間も短めです。そのため、複数の秘書を雇っていることがあります。主婦で家事と両立したいという人などに適した雇用形態と言えるでしょう。