能力により収入は変わる

タクシー

歩合制という特徴

タクシー運転手は比較的時間が自由になる点、工夫次第で稼げる点、運転さえできれば転職しやすい点などが魅力の仕事です。タクシー運転手の収入はほとんどが歩合制という特徴があります。タクシー運転手はかなり低い基本給と乗車人数と運んだ距離に応じて変わる歩合給によって収入を得ています。そのため年収もピンキリであり、平均すると300〜400万円ほどといわれています。この数字を見ると年収としてはやや低めと感じるかもしれませんが、中には年収800万円以上を稼ぐタクシー運転手もいます。働き方と工夫次第で年収を変えることは可能です。逆に、自由さと気ままさを魅力として、低い年収でも満足するという人もいます。自分が望むように働き方が変えられるのが魅力といえるでしょう。また、タクシー運転手は働く時間にも特徴があります。多くの会社は隔日勤務という形式をとっています。隔日勤務とは一回当たり19〜21時間連続で働き、その後1〜2日休むという働き方です。一回の勤務時間は長いですが、働く日数としては少なく、月に11〜13日ほどしか勤務日はありません。ですが一回の勤務時間が長いため、慣れるまでは体力的にきつい人が多いようです。こうした働き方がいやならば、日勤式の会社を選ぶとよいでしょう。普通の会社のように8時間労働が基本の会社もあります。ただこちらの方が稼げないことが多く、給与面では劣るため、年収は低くなる傾向にあります。